滞在中のお食事(例)

飛鳥地域で採れた食材等の家庭料理が主流となります。
季節に応じた旬の野菜であったり、その食材を活かした現代の味から 先祖代々伝わった昔ながらの郷土料理もあるかもしれません。
また農家や菜園のある家庭では収穫をすることから始まる場合や、産地直売所でたくさんの野菜から食材を選ぶことを体験する場合もあるでしょう。
嫌いな食べものが食べられるようになったという学生さんも少なくありません。
受入家庭さんと一緒に楽しく作る、感謝の心を持ってみんなで食べる、そしてお片付けも忘れません。
この交流から生まれる学びを当協議会は大切にしています。
ぜひ飛鳥での「豊かな食」を一緒に作って味わってください。

※お食事例となります。
※季節や天候により食材が変わります。また、受入家庭や滞在時間によってメニューなども様々です。
※アレルギー等がある場合は事前に必ずお知らせいただいており、個別に対応いたします。

 
【これまでにあった夕食の数々】
・古代米ごはん
・地元の野菜で天ぷら
・飛鳥の名物料理 飛鳥鍋
・採れたて野菜サラダ
・お母さんの味、煮物・焚き物
・精米したてのごはん
【これまでにあった朝食の数々】
・地元の野菜の和え物
・炊き込みご飯
・具だくさん味噌汁
・自家製のぬか漬け
・玉子焼き
・ヨーグルト
【これまでにあった昼食の数々】
・地元野菜たっぷりチラシ寿司
・お吸い物
・採れたてキャベツサラダ
・自家製トマトジュース
【その他、こんなメニューも聞いています】
・収穫したての果実を使った いちご大福・ぶどう大福
・しぼりたてミックスジュース
・筍堀りから行った筍料理
・うどん作りから行ったきつねうどん
・ヨモギ摘みをしてヨモギ餅
・素材の味そのままを食べる(塩茹で・焼くだけ・洗うだけ等)
上記のように受入家庭さんごとにそれぞれ違った「食を楽しむ」体験が待っています。