飛鳥地域だからできること



中央集権律令国家の誕生の地であることから「日本のはじまりの地」といわれる飛鳥地域。
「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」として世界遺産暫定一覧表に追加が決定しました。
そんな歴史的風土である特有な地域で暮らす人々と生活を共にし、様々な体験を通して交流する、これが「飛鳥地域での民家ステイ」です。
現代の日本の礎となっているすべては、ここ飛鳥から広がっていったのではないでしょうか。
形あるものから、目には見えない心や文化、その原点は飛鳥から発祥し、人々の遺伝子に受け継がれ現代に至るものかもしれません。
飛鳥に訪れたときどこか懐かしく感じるのは、古来から継がれた奥底に眠るものが五感を揺さぶらせるのかもしれません。
201506081607_1.jpg

ここ飛鳥の地で生活を営んでいる人々と日常生活を共に体験することで、飛鳥ならではの歴史や文化、食生活、産業など、それぞれの経験をしながら深い交流をすることができます。
家業のお手伝いや食事の支度、史跡散策や趣味の共有など交流を重ねるにつれ、旅立たれるころには家族同様の深いつながりも生まれることでしょう。
ここで暮らす人の中には、飛鳥時代から古代の血を引き継ぐ人であったり、はるばる遠い国から渡来した人の子孫がいるかもしれません。
そんなヒストリーや昔からの言い伝え、イワレなど、地域の人々との交流を通して歴史・文化に触れ古代ロマンを体感してください。
また、飛鳥での交流を通して大人との距離が近くなることで社会への懸け橋となるきっかけを築き、将来国を担う子どもたちの大きな力となることを願っています。
201506081604_1.jpg

日本が「国」としてはじまった飛鳥の地へ一度はぜひ訪れていただき、様々な交流をしてくださることを心よりお待ちしています。

 
201506081609_1.jpg

 

カテゴリ毎記事一覧